毎日が適当

主におーぷん2chをまとめてます。

    タグ:難民

    シェアハウス

    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493625457/


    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/01(月)16:57:37 ID:???
    シェアハウスから足を洗えない!貧困にあえぐ若者の劣悪住宅事情

    一軒家やマンションの一室を複数人で共有して暮らす「シェアハウス」。リアリティ番組『テラスハウス』(フジテレビ/2012年~)の影響もあり、
    「シェアハウス=オシャレ物件」というイメージを抱いている人も多いだろう。しかし実際には、経済的な理由からやむを得ず選択し、
    その生活から抜け出せない“シェアハウス難民”もいるという。困窮した若者が集うシェアハウスの実態と、その背景とは(取材・文/松原麻依[清談社])

    都内在住で手取り13万円の女性
    アパートへの引っ越しは「夢のまた夢」

    「本当はアパートに引っ越したいけど、初期費用が払えないからシェアハウスに住み続けるしかない」と語るのは、
    都内のデザイン会社に勤務するAさん(27歳・女性)。

     Aさんの月々の手取りは13万円程度。そこから、シェアハウスの家賃光熱費、奨学金の返済、通信費などを支払うと
    毎月3万円しか手元に残らない。これでは引っ越し資金など貯められるはずもない。

    「3年前に会社の近くのアパートに引っ越したのですが、そこの大家さんが合鍵を使って勝手に部屋に侵入するような人だったので、
    身の危険を感じ退去しました。最初の引っ越しで貯金を使い果たしてしまったため、初期費用ゼロのシェアハウスに入居することにしたんです」
    (Aさん、以下同)

     逃げるようにアパートを引き払ったAさん。その後、半年~1年スパンでシェアハウスを転々とすることになった。

    続き ダイヤモンドオンライン 全3ページ
    http://diamond.jp/articles/-/126439


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 69◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492688096/441

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【【社会】シェアハウスから足を洗えない!貧困にあえぐ若者の劣悪住宅事情 [H29/5/1]】の続きを読む

    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1441980394/


    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/09/11(金)23:06:34 ID:???
    焦点:難民は「未来の熟練工」、ドイツ高齢化の救世主か

    [ドルトムント/ベルリン 10日 ロイター] - 欧州諸国の多くが難民・移民の
    大規模な受け入れは自国経済に損失をもたらし得ると考える一方で、
    ドイツは記録的な難民流入に頼ることで自国を救おうとしている。

    死亡数が出生数を上回るなか、ドイツの労働人口は2030年までに
    600万人減少する見通しで、持続的な経済成長を危うくしている。

    「われわれのところにやって来る人々を早急に訓練し、
    仕事に就かせることができれば、熟練労働者の不足という、
    わが国経済の未来にとって最大の課題の1つが解決するだろう」
    とガブリエル副首相兼経済・エネルギー相は10日、議会で語った。

    ドイツは年内に約80万人の移民を受け入れる予定だ。
    移民で不足を埋めつつ、人口を維持するのはドイツ政府にとって
    簡単なことではないだろう。だが、多くの企業はすでに彼らに
    期待のまなざしを向けている。

    続き ロイター
    http://jp.reuters.com/article/2015/09/11/analysis-migrants-germany-skilled-worker-idJPKCN0RB0I820150911?sp=true

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 28◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1441504552/456

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【【移民難民】難民は「未来の熟練工」、ドイツ高齢化の救世主か [H27/9/11]】の続きを読む

    このページのトップヘ